猫との遭遇、ロバート・F・ヤング「ピネロピへの贈り物」

短篇小説

いわゆるファーストコンタクトもの。ただし、地球人が宇宙人に、ではなく、宇宙人の少年が猫に初めて遭遇した話。

Wonderment suffused his face.
“Why”, he said, “it makes a noise!”
“She’s purring!” Miss Haskell said. “For heaven’s sake, didn’t you ever hear a cat purr before? Are you a city boy?”

Robert F. Young, “A Pattern for Penelope” (If, 1954)

少年の顔がとつぜん驚きに輝いた。「ふしぎだ、音を出してる!」
「のどを鳴らしているだけですよ! あなた、猫がのどを鳴らすのも聞いたことがないの? あなたは都会の子?」

ロバート・F・ヤング「ピネロピへの贈り物」伊藤典夫 訳(『ジョナサンと宇宙クジラ』所収)ハヤカワ文庫

65才の元小学校教師、ミス・アビゲイル・ハスケルは、ミルクが大好物の猫のピネロピとマサチューセッツ州ニューイングランドで慎ましく暮らしている。

1956年2月1日、そんな彼女の前に宇宙人のオテリス少年が突然現れる。猫のことは何も知らないオテリスの膝にペネロペがとびのり、ゴロゴロとのどを鳴らしはじめたとき、彼の心と宇宙全体に何か大きな変化があったようだ。

猫を膝にのせてこの短篇小説を読むことができたらな、と思う。きっと、心と膝の上があたたまるにちがいない。猫とSFが好きな人には必読の短篇小説だ。

すぐ読める度:5.0
再読したい度:5.0
傑作・名作度:5.0


コメント