アラビア ムーミンボウルの白くて丸い物体について

フィンランド

映画、小説や絵画に描かれるモノについて、すぐ勘違いして勝手な思い込みをしてしまう。だいぶ後になってから、ぜんぜん違うモノだったと知って、驚いたり恥ずかしい思いをすることがよくある。

アラビアのファクトリーショップのワゴンセールで安く買ったムーミンボウル。ムーミンママが放り投げている白いものは何だろうと以前から気になっていた。柔らかそうな白くて丸いパンとか、フィンランドの饅頭のようなものかなと勝手に想像していたのだが、最近トーベ・ヤンソンの『ムーミン谷の冬』を読んでいて、それがまったくの勘違いだということに気がついた。

ママは、雪をすこし手にとって、雪玉をこしらえました。それからママは、おかあさんたちがよくやるように、それを下からほうりなげました。雪玉は、ほんのちょっととんだだけで、ボシャンとおちました。
「だめね。いぬのめそめそだって、もうちょっとはじょうずになげるでしょうにね。」
ママは、こういってわらいました。
「ママ、ぼく、とってもとっても、ママが大すきさ。」
と、ムーミントロールはいいました。

トーベ・ヤンソン『ムーミン谷の冬』山室静・訳 講談社 青い鳥文庫

丸くて白いのは雪球で、ムーミンママが下からほうり投げていたのだった。いぬのめそめそ以下だ、と言ってわらうママ。そのママのことが大好きなムーミントロール。こんな物語がこのムーミンボウルの絵の背後にあったことを知り、食べ物に結びつけてしまったことが恥ずかしい。

トーベ・ヤンソンはスウェーデン系フィンランド人(Suomenruotsalainen)。スウェーデン語が母国語の人なので『ムーミンシリーズ』も原作はスウェーデン語で書かれている。フィンランドの国民的作家だ。1966年に国際アンデルセン賞を受賞している。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ