はく、すう

フィンランド
Helsinki, May 2006
Helsinki, May 2006

フィンランド人が会話をしている様子を見ていると、ときどき、「ハッ」と息を吸っていることがある。うまく説明できないが、あえて言うなら、ハ行鼻濁音のシャックリみたいな音だ。

あれは何だろう? と思って、フィンランド語の先生に尋ねたら、相手に同意を示す相槌の仕草だと教えてくれた。それだったら、日本の「うなずき」に似ている。うなずくとき「うん、うん」と言って、息を吐きながら首を縦に振る。ただし、フィンランドと日本では、呼気と吸気が真逆のようだ。

試しに、息を吸いながらうなずくことができるかと思ってやってみたら、ゲホゲホとなって喉が詰まった。逆に、息を吐きながら何度も「ハッ」とやると、酸欠状態に陥って苦しくなってしまう。

ところで、相手が盛大に相槌を打つときは、会話に退屈している場合がある。フィランド人の「ハッ」が増えてきたら、話題を変えるか、適当なところで話を切り上げるのがいいかもしれない。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ