一般政府雇用者の対労働人口比率および対GDP比率(2015年)、フィンランドと日本

この記事は約1分で読めます。
Employment and compensation of employees in general government 2015
Employment and compensation of employees in general government 2015

参照データ:OECD

フィンランドでは一般政府雇用者の対労働人口比率が全体の3分の1弱、スウェーデンでは4分の1程度だが、そのわりに給料等の対GDP比率はけっこう低い。公務員の給料は安いのだろうか。フィンランドについては、徴兵制度を採用していることも関係しているかもしれない。

一方、日本では対労働人口比率と対GDP比率がともに低水準で、OECD加盟諸国では最低だ。マスコミなどで「日本は公務員天国」と批判されることがあるけれど、国際比較すると必ずしもそうではなさそうだ。

参考までにギリシャを見ると、数年前の財政破綻騒ぎの際に「石を投げれば公務員に当たる」と揶揄されていたわりには、対労働人口比率はフィンランドやスウェーデンと比べるとやや少なく、対GDP比率はスウェーデンとほぼ同じだ。スウェーデンとギリシャはヨーロッパの北端と南端に位置しており、国民性も全然違うと思うが、意外なところに類似点があるものだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ