笑うフィンランド人

フィンランド
円頓寺七夕まつり 2009
円頓寺七夕まつり 2009

フィンランド人の友人とその彼女と、夏のある日、名古屋の街を連れ立って歩いていたら、突然、彼女(20代半ば)がゲラゲラと笑い出した。可笑しなことは何もないのに、どういうわけか笑いのスイッチが入ってしまったようだ。

ぼくらはしばらく立ち止まり、突然の激しいゲリラ的な笑いに襲われ、ヴィスコンティの映画に出ていたシャーロット・ランプリング似の横顔を真赤にしてもがく彼女を、見守っていた。

笑いの嵐が過ぎ去りかけるころを見計らい、
「どうしたの? 大丈夫?」と言うと、
「暑すぎて笑いが止まらなくなっちゃった」と、涙を拭いながら恥ずかしそうに答えた。

たしかに、外出するのが憚られるほどの暑さではあったので、身体の熱中症対策には気を使ったつもりだったが、フィンランドの人にとっては、むしろ精神にこたえる暑さだったのかもしれない。

それにしても、クールビューティーなフィンランド女子を、あそこまで追い詰める名古屋の夏って、やっぱりすごいなと感心した。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ

コメント