フィンランドから届いたドローイング

この記事は約2分で読めます。
Ilma on paper
Ilma on paper©Ilma

先日、フィンランドの友人夫妻から国際小包が届いた。彼らの近況を知らせる手紙と写真、彼らの4歳のお嬢さんイルマが描いたドローイング、それにコーヒー《JUHLA》、ヘルシンキのフリー系ジャズバンドのBlack Motor《Branches》のカセットテープが入っていた。

このまえのクリスマスに、イルマへのプレゼントにと、大滝詠一《A面で恋をして》と由紀さおり《夜明けのスキャット》の7インチのシングル・レコードをプレゼントしたので、そのお返しの意味もあるのかもしれない。(それらをAKAIのレコードプレーヤーで聴いていると手紙に書き添えられていた)

Itella Posti Oy, Finland
Itella Posti Oy, Finland

イルマのドローイングの色合いに、先週名古屋市美術館で観たばかりの、まだ残像として生々しく焼きついている辰野登恵子の絵画イメージが重なる。きれいに額装して部屋に飾っておこう。

イルマには実際には会ったことはないが、2014年9月に日本で御嶽山が噴火した日の前後に、彼女の誕生を知らせるメールがフィンランドから届いたことを覚えている。そして今回、同封の手紙には奥さんが二人目を出産する直前であることが記されていた。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ