ジム・ジャームッシュのヘルシンキ

フィンランド
Helsingin tuomiokirkko Helsingin tuomiokirkko
Helsingin tuomiokirkko Helsinki 2004

ジム・ジャームッシュの映画『ナイト・オン・ザ・プラネット』のヘルシンキ編冒頭部分。マッティ・ペロンパーが運転するタクシーが、冬の早朝5時過ぎに大聖堂前の広場をぐるぐる走り回るシーンがある。

運転手の眠たげな表情のまま人生が過ぎていくかのように、タクシーは広場の円にそって、フィンランドのラウンドアバウトとは逆方向の、時計回りに何周かぐるぐると走る。

大学を卒業したばかりの頃、名古屋の映画館で観た。その映画の撮影場所と同じところに、いつか自分が立つことがあるとは想像しなかった。およそ12年後、この大聖堂の階段の上に立ったとき、映画のことは全く覚えていなかった。

大好きな映画の何度でも見たくなる。 アキ・カウリスマキ映画ではおなじみの、よれた男優たちがジム・ジャームッシュ監督のもとでいい味を出している。女性配車係のささやくようなフィンランド語のトーンがたまらなく好きだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ