カレワラの日にタピオラ

この記事は約1分で読めます。
pimiössä, Tapio 2004
pimiössä, Tapio 2004

2月28日はフィンランドではカレワラの日(Kalevalan päivä)だ。

シベリウスの交響詩《タピオラ》を聴く。この曲を聴くと、フィンランドで最初に留学した学校の森と湖の空気感、そこで知り合った写真学科同級生のタピオさんのことを思い出す。みんなは年令に関係なく親しみを込めて「タプサ」と呼んでいたが、 ぼくよりも一回りぐらい年齢が上の人だったので、自然と「さん」を付けて「タピオさん」と呼んでいた。

Helmikuu 2019
Helmikuu 2019

ぼくはすでに、あのときのタピオさんの年齢を上回っているはずだ。《タピオラ》を聴きながらそんなことを思う。 今年も2月が終わる。52分の9が過ぎてゆく。

Sibelius The Shepherd from Paanajärvi by Akseli Gallen-Kallela
The Shepherd from Paanajärvi by Akseli Gallen-Kallela
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ