Kansanopisto(フォルケホイスコーレ)のこと

この記事は約3分で読めます。

2003年から2006年の約3年間で、学生ビザを取得して留学していたフィンランドのkansanopisto(フォルケホイスコーレ)と大学、立寄ったことのあるスウェーデンの学校のことなど。

スポンサーリンク

Voionmaan opisto(Tampele, Finland)


Voionmaan opisto

2003年から2004年、写真学科に在籍していた。はじめての外国生活で慣れるまで大変だったけれど、みんな親切でいい人ばかりだった。フィンランドにおける心のふるさとのような場所。ぼくら以外は、たぶん全員がフィンランド人で、英語の苦手な、あるいは話せない学生や職員の方も多く、片言のフィンランド語をよく話していた。1951年の学校創立以来、ぼくたち夫婦が初の外国人学生であり日本人学生だったようだ。

フォト

関連記事

取っ手も温めます
報酬はフィンランドの森のキノコ
カレワラの日にタピオラ
Valokuva: Voionmaan opisto
ヴェサと幸せのOrigami
Nelliと桟橋には行かなかった
ノーザンライツには届かなかった
効率的な週末の買い出し
第一印象
予期せぬ休暇
フィンランドの氷湖の上で迷子になったが、MINI MAGLITEとNOKIAに助けられた
暗室の守り神、黒いノルウェージャンフォレストキャットのイェイカ
Radio Voima(フィンランドのラジオ局)
マルック・ペルトラ(Markku Peltola)の思い出
フィンランド語で蕎(そば)のことを Tattari と言います

Lärkkulla(Karjaa, Finland)

Lärkkulla

2004年から2005年、初級フィンランド語と中級英語のコースに在籍。スウェーデン系の人が多く住む地区にある。のんびりできる雰囲気。フィンランド人よりも東ヨーロッパやロシア系の外国人、移民、難民の方々が多かった印象がある。ここでも日本人はぼくらだけだった。

フォト

関連記事

フィンランドでブラジル人とチェスを指す
Valokuva: Lärkkulla
ヒゲと自由
他力による扉ひらけ
ViiliとUkkoneの老婦人話
ヘルシンキの外国人
KarōshiとAvantouinti
アメリカ大統領選挙のLとR
Lärkkullaの暗室
フィンランドにエビフライを幻視したこと
シベリアから来たロシア人が絶賛した、ノースフェイスのスリーピングバッグ
白川公園に住んでいたフィンランド人
フィンランド語の先生、Maijaさんに褒められた反省文
コスケンコルヴァと土筆

Aalto-yliopisto, [ex-TAIK(Taideteollinen korkeakoulu)](Helsinki, Finland)


Aalto-yliopisto

2005年から2006年、アアルト大学のアート部門がtaideteollinen korkeakoulu(TAIK)と呼ばれていたころに、Non-dgreeとして写真学科に在籍していた。とてもインターナショナルな学校で、フィンランドじゃないみたいだった。IELTSでそれなりのハイスコアが要求される。みんなプロジェクトをいくつも抱えていて忙しそうにしていた。東京藝術大学の交換留学生がいたり、ぼくら夫婦以外にも日本人留学生は多かった。

フォト(準備中)

準備中

関連記事

他力による扉ひらけ
ヘルシンキに吸い込まれてしまった帽子
ヘルシンキでの火事と黒澤明の映画
フィンランドでヒッチハイク
古い記憶がよみがえる、A Village After Dark / Kazuo Ishiguro
アールト大学(Aalto University) の「鉛筆と紙」
マンネルヘイミン通りのストーリーテラー
ORIONで映画を観て、Coronaで紅茶を飲む
フィンランド人の友人がLammassaariで羊に足を舐められる

Capellagården (Öland, Sweden)

2003年3月、フィンランドの学校を見学したついでにスウェーデンにも立ち寄り、2週間ぐらい滞在させてもらった。うちの奥さんの従姉妹(日本人)が、セラミックのコースに在籍していた。木工コースにも日本人の方が家族と一緒に暮らしていた。

フォト(準備中)

準備中

関連記事

記事は見つかりませんでした。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ