KarōshiとAvantouinti

フィンランド
Hanko Finland 2003
Hanko Finland 2003

I would have wanted to work, but deep down I’m enormously lazy. I like living, breathing, better than working.

Pierre Cabanne, “Dialogues with Marcel Duchamp” (translated from the French by Ron Padgett)

仕事をしたいと思っていたのかもしれませんが、私には途方もない怠惰が根底にあるのです。働くことよりも生きること、呼吸することの方が好きなのです。

マルセル・デュシャン『デュシャンは語る』岩佐鉄男・小林康夫 訳 ちくま学芸文庫

「日本では働きすぎで死んでしまう人がいるって聞いたけど、本当なのか?」
留学先のフィンランドで受講していた英語クラスで、先生のEricaさんが、ロシア人、リトアニア人、ウクライナ人、中国人そしてフィンランド人などの多国籍な学生の中で唯一の日本人であるぼくに矛先を向けた。そして「Karōshiっていうんでしょ。あまりにも馬鹿げている、それってジョーク?」と軽く笑っていた。みんなも「ありえない、クレイジーだ」などとあきれていた。「日本では深刻な社会問題になっていて、ジョークではないんですよ。ナンセンスだとは思いますが」と答えた。

Karōshiといっても突然死であったり自殺の場合もある。どちらにしても、社会的圧力が個人を押しつぶすという点で同じだ。それが強大な国家権力を背景にしたものならばわかりやすいが、現代の日本では、周りの雰囲気や空気といった、あいまいで透明な暴力がじりじりと個人を追い詰めているようにも思える。フィンランドでも人口比での自殺率は高いが、心身の深刻な病気が理由である場合が多いようだ。やはりKarōshiは、日本独特の現象なのだろうか。

旧ソ連では、働かずにブラブラしているだけで逮捕される「徒食の罪」というものがあったらしい。有罪になると(たいてい有罪になりそうだ)国家にとって有害な寄生者とみなされ、ロシアの僻地で強制労働させられた。今からちょうど30年前の1987年にノーベル文学賞を受賞した、ロシアの詩人ヨシフ・ブロツキイは20代の頃にこの罪で有罪となり「アルハンゲリスク(大天使の町)」に流されている。マルセル・デュシャンも ソ連に生まれていたら、シベリアあたりに流罪になっていただろう。

ヘルシンキにあるアラビアのファクトリーショップでアルバイトをしていたスコットランド人が、「日本の某社から出向(あるいは研修?)している日本人社員が、夕方5時前には仕事が終わってしまい、プライベートな時間に何をしたらいいのか途方に暮れてるよ」と笑っていたことを思い出す。せっかく現代のフィンランドにいるのにもったいない。

ところで、Ericaさんが冬に行っているリフレッシュ方法を紹介してくれた。湖の氷にあらかじめ人が入るぐらいのサイズの穴を開けておき、そこに浸かるというものだ。Avantouintiといってフィンランドではポピュラーな健康法だ。Ericaさんは授業後、帰宅途中に近くの湖でAvantouintiをするのを日課にしていた。血行が良くなり体がポカポカして、どんよりした気分もリフレッシュされるらしい。お金も手間もかからないからと勧めてくれたのはいいが、考えただけで寒くなってしまい、試したことはない。

ところで、Ericaさんとそんなことを話していた前の年に、ぼくの従兄弟が過労死とみられる原因で自殺している。日本からの訃報はフィンランドで受け取った。歳は少しはなれていたが、近所に住んでいて小さな頃からよく遊んでくれた、実の兄のような存在だった。日本で苦しんでいたことなんて全然知らなかった。フィンランドに来て一緒にAvantouintiでもやって、ブラブラできたらよかったのに、と少し後悔している。Karōshiが軽く笑い飛ばせる冗談にきこえるような社会に、日本も早くならないものだろうか。

The Smiths – Rubber Ring
にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ