日々

圧縮されたイメージの吸引力、ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ展(DIC川村記念美術館)

短篇小説が好きだ。短い時間ですぐに読んでしまえるから。でもだからといって、すぐに理解できるとはかぎらない。
2019.07.09
短篇小説

皮膚を刺激する、ロアルド・ダール「女主人」

田中康夫の「伊豆山 蓬莱旅館」で母と娘が訪れたのは、伊豆のリゾート地にある老舗旅館だった。ロアルド・ダールの...
2019.06.05
収録作品

収録作品:田中康夫『昔みたい』新潮文庫

目次 芦屋市 平田ヴェネチア サン・ミケーレ島品川区 島津山大井埠頭世田谷区 深沢八丁目伊豆山 蓬莱旅館...
2019.07.10
スポンサーリンク
収録作品

収録作品:ロアルド・ダール『キス・キス』(ハヤカワ・ミステリ文庫) 田口俊樹 訳

Kiss KissbyRoald Dahl 目次 女主人"The Landlady" (1959,...
2019.07.08
短篇小説

古くて新しい実存的な問題、田中康夫「伊豆山 蓬莱旅館」

出戻りで子持ちの「私(江見由佳)」は、母と二人だけで旅行をする。宿泊は伊豆の老舗旅館 蓬莱。懐石膳(鰈とあいな...
2019.07.08
短篇小説

キング式ダイエットの短篇小説、スティーヴン・キング「聾唖者」風間賢二 訳

主人公の中年男性は、本のセールスマン。家庭の悩みをかかえている。読書週間のキャンペーンで販売先に向かう途中、雨の高速道路で聾唖者のヒッチハイカーをひろう。
2019.06.05
短篇小説

虫や動物の比喩が楽しいハードボイルド、ジョー・ゴアズ「真紅の消防車」石田善彦 訳

私立探偵社<DKA>ダン・カーニー探偵事務所の敏腕調査官パトリック・マイクル・オバノンは、「滞納金全額および経費を集金するか、ブツを回収せよ」という指示書にしたがい、2631ドル55セントの月賦金未納分として、マリン郡ラマララ・ヴァレー地区の真紅の消防車によじのぼり、
2019.06.05
フィンランド

取っ手も温めます

行きつけのコーヒー豆専門店の豆箱の前で、いつものグアテマラを豆で注文し、支払いを済ませると、傍らのカウンターに席を勧められる。その場でマスターが淹れてくれたコーヒーを飲みながら話を聞かせてもらう。
フィンランド

空飛ぶ厄除け詩集

飛行機が怖い。恐怖症というほどではないが、空を飛ぶのは好きではない。
2019.07.17
日々

深呼吸をしたくなるアルフレッド・シスレーの青い空

Sky on Helsinki 2006 ひとつの画布を私はいつも空から始める…私の好きな画家? 同時代に関して...
2019.04.15
スポンサーリンク