猫の名前はノーマン、フィリップ・K・ディック 「猫と宇宙船」 Philip K. Dick / The Alien Mind (1981)

この記事は約2分で読めます。

猫の肉球は、パソコンのキーボードとかリモコンのボタンを正確に打つようにはできていない。だから間違いもおこる。飼い主にとっても不都合だ。その類のものはなるべく猫から遠ざけなければならない。なかなか難しいけれど。

フィリップ・K・ディックの 「猫と宇宙船」は、「旅の無聊を慰めるために同乗している」ノーマンという名前の猫が宇宙船の操縦装置のボタンを押してしまったことで、スケジュールに遅れが生じてしまう、というところから話が始まる。

猫のノーマンが悠揚迫らざる態度で操縦装置のそばを漂い、前足をのばしたかと思うと、でたらめにボタンを叩いた。押しこまれた二個のボタンがかすかなビープ音を奏で、船はまた針路を変えた。

フィリップ・K・ディック 「猫と宇宙船」大森望 訳(『変数人間』所収)ハヤカワ文庫 The Alien Mind: Philip K. Dick (THE VARIABLE MAN AND OTHER STORIES)

フィリップ・K・ディックは大の猫好きで、実際に似たようなこと、例えばタイプライターのキーを飼っていた猫がでたらめに押してしまって、原稿に意味不明の文字が混入した、なんてことがあったんじゃないか、と勝手に想像してしまった。

自動操縦の宇宙船の操縦装置に猫を近づけてはならないという「教訓」は、近い将来、車の自動操縦が実用化したときに、(猫好きにとっては特に)現実的に問題になってくるかもしれない。フィリップ・K・ディック晩年の予見的掌篇。

ところで、結末部分はフィリップ・K・ディック自身の実体験に基づくものだろうか。猫好きの僕としても、いつかは試してみるべきだろうか。今のところこの小説のような機会には恵まれていない。残念ながら。