フィンランドと日本におけるポテトチップスの味の違いについて

この記事は約2分で読めます。
フィンランドのポテトチップス
Finland 2003

仕事のストレスが溜まると、ポテトチップスが無性に食べたくなるという(日本人の)友人がいる。夕食後に2袋ものポテトチップスを瞬く間に食べてしまう、なんてことが時々あるらしいことを彼の奥さんから聞いていた。それは健康には良くないだろうが、気持は分からなくもない。彼はお酒はほとんど飲まないし、タバコも吸わない。自分もそうだから、というわけでもないけれど、会社での仕事で疲れた精神と肉体にはポテトチップスがどうしても不可欠なのだ、という彼の意見には強く同意する。僕もポテトチップスが大好きだし。

僕の場合、ポテトチップスが必要になるのは暗室で写真をプリントするときだ。暗室での作業は体力を使うし、神経も使う、お腹もすく。でもそんな時にポテトチップスをたくさん食べてしまう「ポテトチップス依存症」とでも呼ぶべき習慣が始まったのは、フィンランドに行ってから。フィンランドのポテトチップスはポテト自体の風味が良い上に、厚く切って揚げてあるので「バリッ、ボリッ!」と、歯で噛み砕いていく。一方、日本のポテトチップスは(僕が知るかぎり)「ぱり、ぽりぃ」っと、紙をちぎって食べているような、薄い感じがある。どちらが良い悪いという問題ではなく、大げさに言えば、文化的な違いが背景にあるのかもしれない。でも個人的にはフィンランドのポテトチップスのほうが好きだ。

K-market などのスーパーの棚には、ポテトチップスの大袋が天井まで届きそうな勢いで積み上げられて売っている。袋のパッケージには、日本語で「大袋」という意味の言葉がある。週末にはフィンランドの人たちが、このポテトチップスと一緒に、Karhuなどのビールの半ダースパックを抱えて買っていくのをよく見かけた。

ライ麦パンもそうだけどポテトチップスも美味しくて食べ出のあるものに、残念ながら日本では出会ったことがない。ポテトチップスが大好きな(日本人の)友人と会うたびに、フィンランドのポテトチップスをお腹いっぱい食べさせてあげたいなと思う。ただ、食べ過ぎが身体によくないのは、フィンランドでも日本でも同じなので注意が必要だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィンランド情報へ