かんかららかんか

日々
乾燥羅漢果
羅漢果

たくさんあったのに、せっせと飲んでいくうち、最後のひとつぶになった乾燥羅漢果が、しばらく前から保存カンの底にぽつんと残ったままになっていた。

キウイフルーツのようにも見える謎の楕円物体、羅漢果。

カンからラカンカを取り出してみると、テニスボールのように軽い。

掌でバリバリと殻を砕き、実をちぎりながら、たっぷりのお湯を沸かした鍋にほうりこむ。

煮えのついた琥珀色をながめ、ちょっと京番茶に似た香ばしい匂いをかいで、この前飲んだのは、いつだったかな、などと思う。

冷やしてもいいが、ふうふうしながら晩夏に、あったかいのを飲むのも、乙なものだと思った。

コメント