アメリカ文学

アメリカ文学

短篇小説

オリジナルの作者は死神かもしれない、作者不詳(ジェフリー・アーチャー)「死神は語る」

Rautatientori Helsinki, September 2005 だんな様、今しがた市場の人混みのなかである女と体がぶつかり、振りかえってみたところその女は死神でした。作者不詳(ジェフリー・アーチャー)「死神は語る」永井...
短篇小説

猫との遭遇、ロバート・F・ヤング「ピネロピへの贈り物」

いわゆるファーストコンタクトもの。ただし、地球人が宇宙人に、ではなく、宇宙人の少年が猫に初めて遭遇した話。
収録作品

収録作品:トマス・フラナガン『アデスタを吹く冷たい風』宇野利泰 訳

トマス・フラナガン『アデスタを吹く冷たい風 』宇野利泰 訳(ハヤカワ・ミステリ文庫) アデスタを吹く冷たい風The Cold Wind of Adesta 獅子のたてがみThe Lion's Mane 良心の問題Th...
2020.01.16
スポンサーリンク
短篇小説

ハードボイルドな頭の体操、トマス・フラナガン「アデスタを吹く冷たい風」宇野利泰 訳

大学生の頃よく観ていた、フジテレビ深夜のクイズ番組『IQエンジン』を思い出す。大高洋夫、勝村政信、筧利夫、筒井真理子など、鴻上尚史の主催する第三舞台の役者さんが多く出演していた。
2020.01.18
短篇小説

粉のかけ方に感心した、ジュンパ・ラヒリ「セクシー」小川高義 訳

Helsinki 2012 一月のある日、ボストンのデパート〈ファイリーンズ〉の化粧品売り場で、客としてたまたま居合わせた男が、若い女に粉をかける。 ミランダは二十二歳。大学卒業後、故郷のミシガンを離れ、ボストンの公共放送のラ...
2019.11.27
収録作品

収録作品:ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』(新潮クレスト・ブックス) 小川高義 訳

A Temporary MatterbyJhumpa Lahiri 停電の夜に"A Temporary Matter" ピルザダさんが食事に来たころ"When Mr. Pirzada Came to Dine" ...
2020.01.20
収録作品

収録作品:『夜の姉妹団―とびきりの現代英米小説14篇』柴田元幸編訳(朝日文庫) 

『夜の姉妹団―とびきりの現代英米小説14篇』 スティーヴン・ミルハウザー「夜の姉妹団」Steven Millhauser, "The Sisterhood of Night" レベッカ・ブラウン「結婚の悦び」Rebecca ...
2020.01.20
短篇小説

キング式ダイエットの短篇小説、スティーヴン・キング「聾唖者」風間賢二 訳

主人公の中年男性は、本のセールスマン。家庭の悩みをかかえている。読書週間のキャンペーンで販売先に向かう途中、雨の高速道路で聾唖者のヒッチハイカーをひろう。
2020.01.23
短篇小説

虫や動物の比喩が楽しいハードボイルド、ジョー・ゴアズ「真紅の消防車」石田善彦 訳

私立探偵社<DKA>ダン・カーニー探偵事務所の敏腕調査官パトリック・マイクル・オバノンは、「滞納金全額および経費を集金するか、ブツを回収せよ」という指示書にしたがい、2631ドル55セントの月賦金未納分として、マリン郡ラマララ・ヴァレー地区の真紅の消防車によじのぼり、
2019.09.19
短篇小説

十階の万聖節前夜、アイザック・アシモフ「ハロウィーン」

ハロウィーンの日に箱に入っているのはお菓子だけであって欲しいものだが、そうとも限らない。
2020.01.23