アメリカ文学

アメリカ文学

短篇小説

粉のかけ方に感心した、ジュンパ・ラヒリ「セクシー」小川高義 訳

Helsinki 2012 一月のある日、ボストンのデパート〈ファイリーンズ〉の化粧品売り場で、客としてたまたま居合わせた男が、若い女に粉をかける。 ミランダは二十二歳。大学卒業後、故郷のミシガンを離れ、ボストンの公共放送のラ...
2019.11.27
収録作品

収録作品:ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』(新潮クレスト・ブックス) 小川高義 訳

A Temporary MatterbyJhumpa Lahiri 目次 停電の夜に"A Temporary Matter" ピルザダさんが食事に来たころ"When Mr. Pirzada Came to Di...
収録作品

収録作品:『夜の姉妹団―とびきりの現代英米小説14篇』柴田元幸編訳(朝日文庫) 

『夜の姉妹団―とびきりの現代英米小説14篇』 目次 スティーヴン・ミルハウザー「夜の姉妹団」Steven Millhauser, "The Sisterhood of Night" レベッカ・ブラウン「結婚の悦び」Re...
スポンサーリンク
短篇小説

キング式ダイエットの短篇小説、スティーヴン・キング「聾唖者」風間賢二 訳

主人公の中年男性は、本のセールスマン。家庭の悩みをかかえている。読書週間のキャンペーンで販売先に向かう途中、雨の高速道路で聾唖者のヒッチハイカーをひろう。
2019.06.05
短篇小説

虫や動物の比喩が楽しいハードボイルド、ジョー・ゴアズ「真紅の消防車」石田善彦 訳

私立探偵社<DKA>ダン・カーニー探偵事務所の敏腕調査官パトリック・マイクル・オバノンは、「滞納金全額および経費を集金するか、ブツを回収せよ」という指示書にしたがい、2631ドル55セントの月賦金未納分として、マリン郡ラマララ・ヴァレー地区の真紅の消防車によじのぼり、
2019.09.19
短篇小説

十階の万聖節前夜、アイザック・アシモフ「ハロウィーン」

ハロウィーンの日に箱に入っているのはお菓子だけであって欲しいものだが、そうとも限らない。
2019.11.07
短篇小説

ハロウィーンのプルースト、ジュンパ・ラヒリ「ピルザダさんが食事に来たころ」

Tampere Finland 2003 小津安二郎の映画のような低い位置にあるリリアの目線が、ピルザダさんの扁平足と蟹股の脚を映し出す。加えて、シャーロック・ホームズの観察眼で、コートのポケットに樺や楓の葉っぱを発見し、靴の爪先や...
2019.11.22
短篇小説

小学生男子のお母さんにおすすめ、パトリシア・ハイスミス「すっぽん」

adidas and Pokemon Finland 2004 ヴィクターは11歳。ニューヨーク三番街にあるペントハウスアパートの18階で、絵本の挿絵画家のママと二人で暮らしている。10月のある土曜日、二人の間に決定的な亀裂が生じる...
2019.06.05
短篇小説

子供だった時のまま待っている、レイ・ブラッドベリ「階段をのぼって」

夜、畳に敷かれた布団に入り左側にからだを向けると、すぐ眼の前にガラスのふすまがあった。ガラスには宇宙の星々を思わせる模様があり、入側の外の街灯の光がガラスの星々の背後に重ねて映す庭木のゆらぐ影を、ぼんやりと眺めているうちに、ぼくは眠りに落ちるのだった。
2019.06.04
短篇小説

生き延びることの意味を考えてしまう、トム・ゴドウィン 「冷たい方程式 」 伊藤典夫 訳

Aeroplane on the blue sky 「トロッコ問題」または「トロリー問題」と呼ばれる「問題」があるらしい。「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という古くからある倫理学上の思考実験だ。最近では、ア...
2019.06.30
スポンサーリンク