アメリカ文学

アメリカ文学

収録作品

収録作品:ロバート・F・ヤング『ジョナサンと宇宙クジラ』伊藤典夫編・訳

ジョナサンと宇宙クジラ (ハヤカワ文庫SF) | ロバート・F・ヤング 九月は三十日あったThirty Days...
短篇小説

九月への扉、ロバート・F・ヤング「九月は三十日あった」伊藤典夫 訳

ロバート・F・ヤング「九月は三十日あった」伊藤典夫訳 時は2061年、学校教育が完全民営化され、学校や教師が絶え...
2021.10.08
収録作品

収録作品:フリッツ・ライバー『バケツ一杯の空気』(サンリオSF文庫)

A Pail of Air by Fritz Leiber 「バケツ一杯の空気」深町眞理子 訳A Pai...
2021.10.05
スポンサーリンク
日々

バーネットの『小公子』に心が安らぐ

猫ヶ洞池 2020年12月 年末年始の読書用にと、図書館で借りてきた10冊ほどの本のうち、小晦日から読みはじめた...
2021.01.28
収録作品

収録作品:パトリシア・ハイスミス『11の物語』(ハヤカワ・ミステリ文庫) 小倉多加志 訳

カバーイラスト 丸山幸子 Elevenby Patricia Highsmith Foreword by ...
2020.10.11
短篇小説

深遠な哲学ハードボイルド、ウディ・アレン「ミスター・ビッグ」伊藤典夫 訳

Mr. Big by Woody Allen サンフランシスコのダン・カーニー探偵事務所<DKA>では門前払にな...
2020.10.27
収録作品

収録作品:ウディ・アレン『これでおあいこ ― ウディ・アレン短篇集』(CBS・ソニー出版) 伊藤典夫・浅倉久志 訳

ブックデザイン 松永真 Getting EvenbyWoody Allen 「蒸気機関なにするものぞ」浅倉...
2020.10.11
短篇小説

ザブザブ読める、ジョン・チーヴァー「巨大なラジオ」村上春樹訳

ジョン・チーヴァー「巨大なラジオ」村上春樹 訳(『巨大なラジオ / 泳ぐ人』新潮社) たとえば1970年代日本で...
2020.10.11
短篇小説

モリッシーも読んだかもしれない、リング・ラードナー「この話もう聞かせたかね」加島祥造 訳

それから別にひとり若い男がいたが、容貌といい健康さといい、若さの見本みたいな青年でね、まずスカンジナビア系でしょう、金髪でまさにヴァイキングの子孫にふさわしい逞しき若者だったねえ。
2020.10.11
短篇小説

オリジナルの作者は死神かもしれない、作者不詳(ジェフリー・アーチャー)「死神は語る」

Rautatientori Helsinki, September 2005 English text...
2020.10.11
スポンサーリンク