美術

美術

日々

ジョゼフの残り香

令和元年五月、東京 〈観光客の皆さん、ナントご見物のおついでに、「巴里西班牙貴族イダルゴ・ド・パリ」展示場をお見...
2019.07.11
日々

圧縮されたイメージの吸引力、ジョゼフ・コーネル コラージュ&モンタージュ展(DIC川村記念美術館)

短篇小説が好きだ。短い時間ですぐに読んでしまえるから。でもだからといって、すぐに理解できるとはかぎらない。
2019.07.09
日々

深呼吸をしたくなるアルフレッド・シスレーの青い空

Sky on Helsinki 2006 ひとつの画布を私はいつも空から始める…私の好きな画家? 同時代に関して...
2019.04.15
日々

死神博士のジョゼフ・コーネル

先日思いがけず、ジョゼフ・コーネルの作品を観る機会にめぐまれた。名古屋ボストン美術館での最終展『ハピネス~明日の幸せを求めて』を訪れたときのことだった。
2019.06.26
日々

やっぱり『積みわら』で

ちょっと前に、名古屋市美術館でモネの『積みわら』をみた。『積みわら』というタイトルだが、本当はわらではない。脱...
2019.02.28
短篇小説

ナンセンスなウソが爽快な法螺話、アルフォンス・アレ 「奇妙な死」 澁澤龍彦 訳

Kumano Sea scape ところで、部屋に飾ってある「海の絵」から海水が溢れ出て氾濫し、溺れてしまう、と...
2019.02.28
フィンランド

アールト大学(Aalto University) の「鉛筆と紙」

View from TAIK / Helsinki 2005 かつて、TAIK(タイキあるいはタイク)と呼ばれて...
2019.02.28
フィンランド

日本で初めてのヘレン・シャルフベック / Helene Schjerfbeck 展、でも名古屋には来ず

Jyväskylä Finland 2006 どんな用件でも、フィンランドの友人知人からメールなり、ハガキな...
2019.02.28
スポンサーリンク