日々

猫曜日

ある休日の朝、うちの奥さんと。 きょう、どうする? 朝ごはん食べたら、パァーと外にでかけたいな。昼...
2019.02.28
短篇小説

組織付けられてきこえる猫の音響、H・E・ベイツ「歌う猫」澤村灌 訳

 そしてついには、すりつぶして油でいためた玉葱とソーセージ、アップルパイとクリームといった盛りだくさんな昼食を...
2019.06.05
短篇小説

猫の名前はノーマン、フィリップ・K・ディック 「猫と宇宙船」 Philip K. Dick / The Alien Mind (1981)

猫の肉球は、パソコンのキーボードとかリモコンのボタンを正確に打つようにはできていない。だから間違いもおこる。飼...
2019.02.28
短篇小説

ささやかだけれど、執念深い猫の復讐。あるいは、スティーヴン・キングの「魔性の猫」 Stephen King / The Cat from Hell

cat in sunny side 僕が中学生から大学生ぐらいの頃まで、我が家を「別宅」にしていた茶トラの雄猫が...
2019.02.28
フィンランド

ヘルシンキのパン屋 Avikainen

Bread made from cats at Avikainen in Helsinki Finland ...
2019.04.29
フィンランド

暗室の守り神、黒いノルウェージャンフォレストキャットのイェイカ

2003年から2004年にかけて、タンペレのセンターからバスで一時間ぐらいのところにある、人里離れた森のなかの...
2019.02.28
スポンサーリンク