おばあさん細胞

おばあさん細胞

短篇小説

ハロウィーンのプルースト、ジュンパ・ラヒリ「ピルザダさんが食事に来たころ」

Tampere Finland 2003 小津安二郎の映画のような低い位置にあるリリアの目線が、ピルザダさんの扁...
2019.09.13
フィンランド

周回遅れ

Tampere Finland 2004 時とは何だろうと思ってみるが、考えられることは……時と思ったらもう過去...
2019.02.28
短篇小説

イッセー尾形のバーテンダーが居そうな酒場で、レーモン・クノー 「トロイの馬」 塩塚秀一郎 訳

Bartender at TELAKKA in Tampere 2013 「トロイの木馬」ではなく、「トロイの馬...
2019.08.12
日々

祖父母の冷蔵庫に残っていたヤクルト

ヤクルト 近所に住んでいた祖父母の家には、狭い台所に小さな冷蔵庫があった。そこにはいつも、少しだけ期限切れになっ...
2019.08.12
スポンサーリンク