ハロウィン

ハロウィン

短篇小説

十階の万聖節前夜、アイザック・アシモフ「ハロウィーン」

ハロウィーンの日に箱に入っているのはお菓子だけであって欲しいものだが、そうとも限らない。
2019.03.18
短篇小説

ハロウィーンのプルースト、ジュンパ・ラヒリ「ピルザダさんが食事に来たころ」

Tampere Finland 2003 小津安二郎の映画のような低い位置にあるリリアの目線が、ピルザダさんの扁...
2019.09.13
スポンサーリンク