ハロウィン

ハロウィン

短篇小説

十階の万聖節前夜、アイザック・アシモフ「ハロウィーン」

ハロウィーンの日に箱に入っているのはお菓子だけであって欲しいものだが、そうとも限らない。
2020.01.23
短篇小説

ハロウィーンのプルースト、ジュンパ・ラヒリ「ピルザダさんが食事に来たころ」

Tampere Finland 2003 小津安二郎の映画のような低い位置にあるリリアの目線が、ピルザダさんの扁平足と蟹股の脚を映し出す。加えて、シャーロック・ホームズの観察眼で、コートのポケットに樺や楓の葉っぱを発見し、靴の爪先や...
2019.11.22