日本文学

日本文学

短篇小説

古くて新しい実存的な問題、田中康夫「伊豆山 蓬莱旅館」

出戻りで子持ちの「私(江見由佳)」は、母と二人だけで旅行をする。宿泊は伊豆の老舗旅館 蓬莱。懐石膳(鰈とあいな...
2019.07.08
フィンランド

空飛ぶ厄除け詩集

飛行機が怖い。恐怖症というほどではないが、空を飛ぶのは好きではない。
2019.07.17
短篇小説

正解の生産性向上、清水義範「国語入試問題必勝法」

受験生の浅香一郎は現代文(国語)を苦手としている。見たところ三十代の半ばで、家庭教師というよりは仕事の完璧な工...
2019.02.28
短篇小説

ほんとうのことを好きになること、須賀敦子「わるいまほうつかいブクのはなし」

世の中にはいろいろな規則がある。立場主義者が従っているのが東大話法規則であるならば、わるいまほうつかいになるた...
2019.02.28
短篇小説

時空を超越するショートショート、星新一「おーい でてこーい」

名古屋駅 JRゲートタワー 2015 星新一のいわゆるショートショートもの。(僕の勝手な分類によれば)メビウスの...
2019.02.28
日々

山下清『ヨーロッパぶらりぶらり』ちくま文庫

 世の中には飛行機に乗って旅をするのが好きな人と嫌いな人の二種類のタイプ人間がいる、と思う時がある。ヴィム・ヴ...
2019.02.28
スポンサーリンク