ジュンパ・ラヒリ

ジュンパ・ラヒリ

短篇小説

粉のかけ方に感心した、ジュンパ・ラヒリ「セクシー」小川高義 訳

Helsinki 2012 一月のある日、ボストンのデパート〈ファイリーンズ〉の化粧品売り場で、客としてたまたま居合わせた男が、若い女に粉をかける。 ミランダは二十二歳。大学卒業後、故郷のミシガンを離れ、ボストンの公共放送のラ...
2019.11.27
収録作品

収録作品:ジュンパ・ラヒリ『停電の夜に』(新潮クレスト・ブックス) 小川高義 訳

A Temporary MatterbyJhumpa Lahiri 停電の夜に"A Temporary Matter" ピルザダさんが食事に来たころ"When Mr. Pirzada Came to Dine" ...
2020.01.20
短篇小説

ハロウィーンのプルースト、ジュンパ・ラヒリ「ピルザダさんが食事に来たころ」

Tampere Finland 2003 小津安二郎の映画のような低い位置にあるリリアの目線が、ピルザダさんの扁平足と蟹股の脚を映し出す。加えて、シャーロック・ホームズの観察眼で、コートのポケットに樺や楓の葉っぱを発見し、靴の爪先や...
2019.11.22