Pop and rock

Pop and rock

日々

HMとHR

日陰の茶トラ、令和3年夏 熱田神宮の近所 HMとHR。といっても、スウェーデンのアパレルとか、カナダの出版社が出している恋愛小説のことではない。 ヘヴィ・メタルとハード・ロックのことだ。何が違うのだろう。素材だろうか。重い金属...
2022.04.28
レコード

此岸彼岸を超えて続いていく A LONG VACATION

A LONG VACATION 大滝詠一 大滝詠一の《A LONG VACATION》(27AH1234)の発売日、3月21日をひっくり返すと、大滝さんの命日12月30日(2013年)、1230になるということに、いまごろになって気...
2022.05.18
日々

レコードプレーヤーはまだない

The Honeydrippers: Volume One 八月の日曜日に、バナナレコード栄町ビル店のサヨナラ・バーゲンで、中古のLPレコードを買った。 買ったのはハニードリッパーズの「ヴォリューム・ワン」。高校生のころよく聴...
2022.04.26
短篇小説

モリッシーも読んだかもしれない、リング・ラードナー「この話もう聞かせたかね」加島祥造 訳

それから別にひとり若い男がいたが、容貌といい健康さといい、若さの見本みたいな青年でね、まずスカンジナビア系でしょう、金髪でまさにヴァイキングの子孫にふさわしい逞しき若者だったねえ。
2022.05.18
日々

ベジマイト

街から「ベジマイト」が消えてしまった。以前は、成城石井やKALDIの棚にあった。今はネットショップでしか見かけない。普段、なければないですんでしまうのだけれど、どういうわけか年に二回ぐらいベジマイト・サンドイッチが無性に食べたくなる。
2022.05.18
フィンランド

Tuomari Nurmioとアキ・カウリスマキ

アキ・カウリスマキの映画に、素のまま出演できそうな雰囲気の人物をときどき見かける。たとえば、フランスの小説家ミシェル・ウエルベック(1958-)、イギリスのシンガー・ソングライターのビリー・ブラッグ(1957-)、スロベニアの哲学...
2022.05.10
フィンランド

3分半のポップソング、ほぼ3年のフィンランド

高校1年が終わった春休みに出会ったThe Smiths(ザ・スミス) のアルバム "MEAT IS MURDER" を、30年以上たった今でもときどき聴いている。 抑揚の少ないモリシーの声、それにジョニー・マーの魅力的なギタ...
2022.05.24
スポンサーリンク