恋愛小説

恋愛小説

収録作品

収録作品:矢作俊彦『ブロードウェイの自転車』光文社

矢作俊彦『ブロードウェイの自転車』光文社 ブロードウェイの自転車 ランクA フィルムのように 誰がリヴァティ・バランスを殺そうと ペニィローファーはもう沢山 レノックスヒル・ホスピタル モーニング...
2020.01.27
短篇小説

ジョン・レノンとペリエだけわかった、矢作俊彦「ブロードウェイの自転車」

コロンムバス・アヴェニュー、72丁目、”タバーン・オン・グリーン”のチョコレート・ムース、アカスキュータムの本店で買ったコート、”サヴォイ”のマーティニ、ジョン・レノン、ペリエ、ミュスカデ、シュリッツのライト、ソーホー・ニューズ、
2020.01.18
短篇小説

半音階の和音のように、H・E・ベイツ「クリスマス・ソング」大津栄一郎 訳

雨の降るクリスマス・イヴの午後4時、レコード店の二階で声楽を教えるクララのもとに、一人の青年が訪れる。茶色のオーバー、茶色のソフト、こうもり傘、という出で立ちの青年は「クリスマス・ソング」を探している。
2020.01.18
収録作品

収録作品:H・E・ベイツ『クリスマス・ソング』大津栄一郎 訳(福武文庫)

A Christmas Song by H. E. Bates クリスマス・ソングA Christmas Song 軽騎兵少佐The Major of Hussars 水仙色の空The Daffodil S...
2020.01.21
短篇小説

粉のかけ方に感心した、ジュンパ・ラヒリ「セクシー」小川高義 訳

Helsinki 2012 一月のある日、ボストンのデパート〈ファイリーンズ〉の化粧品売り場で、客としてたまたま居合わせた男が、若い女に粉をかける。 ミランダは二十二歳。大学卒業後、故郷のミシガンを離れ、ボストンの公共放送のラ...
2019.11.27
収録作品

収録作品:田中康夫『昔みたい』新潮文庫

芦屋市 平田 ヴェネチア サン・ミケーレ島 品川区 島津山 大井埠頭 世田谷区 深沢八丁目 伊豆山 蓬莱旅館 フランクフルト ホテル・ケンピンスキー 神戸 花隈町 名古屋市 八事 ...
2020.01.20
短篇小説

古くて新しい実存的な問題、田中康夫「伊豆山 蓬莱旅館」

出戻りで子持ちの「私(江見由佳)」は、母と二人だけで旅行をする。宿泊は伊豆の老舗旅館 蓬莱。懐石膳(鰈とあいなめのお刺身、日本酒)を堪能し、就寝前に母娘で走り湯に入る。 「私」は、両親が勧める「信濃町にある医学部出身の内科医...
2019.07.08
短篇小説

組織付けられてきこえる猫の音響、H・E・ベイツ「歌う猫」澤村灌 訳

 そしてついには、すりつぶして油でいためた玉葱とソーセージ、アップルパイとクリームといった盛りだくさんな昼食をとったあと彼のアパートの古い揺り椅子にかけたまま眠りこみ、ふと目覚めると、飼い猫のスージーがシューベルトの『ディー・フォ...
2019.12.05
短篇小説

生き延びることの意味を考えてしまう、トム・ゴドウィン 「冷たい方程式 」 伊藤典夫 訳

Aeroplane on the blue sky 「トロッコ問題」または「トロリー問題」と呼ばれる「問題」があるらしい。「ある人を助けるために他の人を犠牲にするのは許されるか?」という古くからある倫理学上の思考実験だ。最近では、ア...
2020.01.10
短篇小説

少年の眼差し、パン屋の女房の膕 ピエール・ガスカール「小さな広場」 Pierre Gascar / La petite place (1960)

新明解国語辞典 第五版(小型版) 「本を読んでいて読めない漢字が出てきたら、辞書を引きなよ」と、僕がまだ子供のころから(たぶん10才ぐらい)、四つ年上の近所に住む従兄弟のH君に口癖のように言われていた。だからというわけではないと...
2019.02.28