スティーヴン・キング

短篇小説

キング式ダイエットの短篇小説、スティーヴン・キング「聾唖者」風間賢二 訳

主人公の中年男性は、本のセールスマン。家庭の悩みをかかえている。読書週間のキャンペーンで販売先に向かう途中、雨の高速道路で聾唖者のヒッチハイカーをひろう。
2019.06.05
短篇小説

悪魔祓いのアイテムに笑ってしまった、スティーヴン・キング 「人間圧搾機」 高畠文夫 訳

VIRSI KIRJA at Tuomiokirkko in Tampere 2013  スティーヴン・キングの...
2019.04.27
短篇小説

ささやかだけれど、執念深い猫の復讐。あるいは、スティーヴン・キングの「魔性の猫」 Stephen King / The Cat from Hell

cat in sunny side 僕が中学生から大学生ぐらいの頃まで、我が家を「別宅」にしていた茶トラの雄猫が...
2019.02.28
スポンサーリンク