VISION

見る・観る

日々

アウンサンサーンすっちー

Photographs of Camille Saint-Saëns by Paul Nadar アウンサンスーチーさんの名前をニュースなんかで見聞きすると、狛犬の阿吽とカミーユ・サン=サーンスと吉本のすっちーの三重露光されたイメー...
2022.04.26
日々

スウェーデンへの国際郵便に鬼滅の刃の切手

鬼滅の刃の切手 スウェーデン人と結婚した妻の従姉妹が、ストックホルム郊外で暮らしている。毎年この時期にクリスマスカードを出している。 小学生高学年になる男の子がいるので、今年は鬼滅の刃の切手から、主人公とおぼしき男の子が、風神...
2022.04.27
日々

BAKERY67

BAKERY67 わりと近所に評判の良いパン屋がある。定休日は日月火水木。「一年を二十日で暮らす良い男」と川柳に詠まれた江戸時代の相撲力士にはかなわないが、「一週間を二日で暮らす良いパン屋」。 仕入れや仕込みもあるし、パンを焼...
2022.04.25
スポンサーリンク
フィンランド

フィンエアーの洗濯ばさみ

Pyykkipoika ja MARIMEKKO フィンランドから日本へ帰国する際に、ひょんなことからフィンエアーのビジネスクラスに乗ったことがある。そのときもらったアメニティキットに、青と白のツートンカラーがきれいな、洗濯バサミの...
2022.05.04
フィンランド

キッコーマンのしょうゆ卓上びん

キッコーマンのしょうゆ卓上びん, Helsinki Finland 2004 醤油で満タンになったキッコーマンのしょうゆ卓上びんを見ていると、タートルネックのセーターを着た、おちょぼ口の人みたいだなと思う。 その馴染みある醤油...
2022.05.10
フィンランド

KOHLA(コーラ)のカラビナ MK-11

KOHLAのカラビナ MK-11 フィンランドで使っていたKOHLAのカラビナ。コーラと読むらしい。キーリールと組み合わせ、キーホルダーとしてズボンのベルトループに引っ掛けていた。 日本に帰ってきてから現在まで、足掛け18年以...
2022.05.10
日々

ボールペンのJAPAN

ボールペンに刻印されたJAPANの文字を探して暇つぶしをすることがある。縦横斜めに矯めつ眇めつ、無心になってJAPANの刻印を探す。
2022.05.10
フィンランド

フィンランドには蝉はいなかった

Helsinki Heinäkuu 2006 友人のフィンランド人映像作家の夫妻が、名古屋に滞在していた夏のある朝「すぐ外の電信柱から、アラーム音がうるさくて、朝早くに目が覚めてしまった。あのノイズは何だ?」と、不満を漏らした。 ...
2022.05.10
日々

熱田神宮の御札

熱田神宮の御札 今年のお正月、初詣に参拝した熱田神宮で、久しぶりに御札を買った。家に帰ってよく見たら、「宮(グウ)」の字の「呂」にノがなく、「ウロロ」になっていた。 じっと見つめていると、なじみのある「熱田さん」が、どこか遠い...
2022.04.26
日々

反重力のベンチを求めて

地下鉄のトンネル、名古屋 2020 名古屋の地下鉄、名城線のとある駅のホームには、誰の仕業か、座面に薄く細い線で「ハゲ」と刻み込まれたベンチが、かつて確かにあった。 僕はハゲではないし、今のところ際立ったハゲの兆候もない。だか...
2022.05.08
スポンサーリンク