地域ビト

日々
近所の地域白猫(オス)
近所の地域白猫(オス)

逃亡しようとしてもとてもその見込はありません。ほかの人とは全く違った服装をしているのです。裸で逃げられるならともかく、そうでない限り、どうしてこっそりと逃げおおせることができましょう。たとえ裸で逃げても、頭を丸く剃ったり、耳の先を切ったりしているので、すぐ見つかるのは必定です。

トマス・モア『ユートピア』平井正穂訳 岩波文庫
Thomas More, “Utopia” (Libellus vere aureus, nec minus salutaris quam festivus, de optimo rei publicae statu deque nova insula Utopia, 1516)

平沢進の曲は「地球ネコ」だが、近所にいるのは地域ネコだ。地域ネコは、ヒトの都合にあわせていろいろと処置を施されている。片耳の先がちょっと切られているのがその印だ。野良ネコ時代より活動範囲が狭くなるのだろうか、いつも同じ所でゴロついている。

そういえば最近、自分はあまり遠出をしていない。いつのまにか地域ビト化しているのではないだろうか。おもわず自分の右耳をそっと触った。


コメント