離発着場

日々

ひとり境内に彳みしに、わッという声、笑う声、木の蔭、井戸の裏、堂の奥、廻廊の下よりして、五ツより八ツまでなる児の五六人前後に走り出でたり、こはかくれ遊びの一人が見いだされたるものぞとよ。二人三人走り来て、わがそこに立てるを見つ。皆瞳を集めしが、
「お遊びな、一所にお遊びな。」とせまりて勧めぬ。

泉鏡花「龍潭譚」(『暗黒のメルヘン』澁澤龍彦 編)所収 河出文庫

近所の公園の木の切り株に、子供用の小さなスニーカーが乗っていた。

翌日、同じところを通りかかったら、同じものが近くの別の切り株に移動していた。

まるで、公園で遊ぶ精霊の離発着場にでもなっているかのようだ。

きちんと脱いで揃えてある。とても行儀の良い精霊だと思った。